メディセレ名古屋校教室ブログ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
5月15日(日) 春期講習会(機能形態学)を開催しました
みなさんこんにちは!

Medisereスクール名古屋校です。

本日は、北川先生による
春期講習会【生物(機能形態学)】の講義!


講義の様子はこちら↓

20160515春期講習会01


機能形態学は、病態・薬物治療、薬理の基礎となる大切な科目です。
身体の正しい機能形態を理解することで、

「病態・薬物治療では、その疾病が起きてしまう体の部位が明確!」となり
「薬理では、薬の作用点をしっかり結びつけられる!」

受講された皆さんは、点と点の知識が、線となってつながったのではないでしょうか。
これからの病態・薬物治療と薬理は、丸暗記ではなく、
機能形態学を理解して、確実な知識でをにつけて下さい♪

そして、今回の写真にもありますが、
「循環器」は、国家試験で「必ず出題」されます!
この範囲が
病態・薬物治療では、虚血性心疾患、心不全、不整脈の問題として出題され
薬理では、心不全薬、狭心症治療薬、抗不整脈薬、高血圧治療薬の問題として・・・
なんと毎年、

約4問も・・・
約4問も!!
約4問も!!

出題されます!(薬理だけでです)
(循環器の機能形態学がどれだけ大切か伝わったでしょうか(笑))



さて、こちらは質問の風景↓

20160515春期講習会質問

受講された学生さんは、
「苦手な範囲の講義でよかった!」
「わからないところも質問しやすかった!」
と、問題点もスッキリ解決して帰られました。


今の時期は、本当に基礎固めが大切です!

確実に得点できる部分からコツコツと、丸暗記ではなく、理解で広げていきましょう!


大切なことは・・・

『確かなことの繰り返し!』



Medisereスクール名古屋校一同
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.